上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、個人面談があった。
最近、毎日のようにいろいろ相談しているので
話す事もないだろうと思っていた。

年少さんの時とは違い、軽い気持ちで出掛けた。


どうですか?今日は大丈夫そうですね。

スイミングを嫌がるようになっていたので、楽しそうに走り回る息子の顔を見て、一安心だったようにそう言った。

今はお友達と走り回って楽しそうにしてますけど、出掛ける前まで泣いて怒って・・・大変だったんです。

そして、最近泣いてばかり、怒ってばかりだという事を告げると

そうですか・・・。
○○くんは、とてもいい子なんですよ。
いい子過ぎるくらいいい子なんです。
幼稚園では何の問題もありません。
でも、年少さんの時の○○くんとは全く別人なので
きっとかなり我慢してるんだと思います。
年少さんの時はまだ小さかったので、素直に気持ちをぶつけていたのが
成長した分、我慢するようになったんでしょうね。

もっと、嫌なら嫌!と言ってくれてもいいのに・・・と思ってはいるんですけど。



いい子過ぎるくらい、いい子?

ちょっとビックリした。
家では、何度言ってもいう事を聞かないし、どんなに自分が悪いと
分かっていても謝ろうとしないからだ。
きっと、幼稚園でもそんな感じなんだろうと思っていた。
実際、年少さんの時はそうだった。

決して、聞き分けのいい子ではないと思っていた。
むしろ反対だろうと・・。
つい最近もスイミングで言う事を聞かず、先生に怒られても「フン!」って感じで
反省の色が全く見えなかった。
そして、それを何度も繰り返していた。

目の当たりにしてそんな息子を見ていただけに、耳を疑う話だった。


自分が思っていたことと全く反対。
幼稚園でいい子になり過ぎているから、家では極度に悪い子になってしまうんだろうか?
特に私の前では。。。

単なるワガママだと思っていたけど、そうではなかったんだ・・。
先生の話を聞きながら涙が込みあげ、胸が痛くなった。

毎日一緒にいるのに、どうして気付いてあげられなかったんだろう。
後悔しても遅いが、もっと早く気付いてあげることが出来た筈なのに。。

息子の事を思うと、辛くなった。


もっと甘えさせた方がいいんでしょうか?
愛情が足りないんでしょうか。


そうですね・・・
私は子供を育てた事がないので、家庭での接し方については、ちゃんとしたアドバイスをする事が出来ないんです。
本当に申し訳ありません。

園長先生や○○先生(副園長で、去年息子の担任だった先生)に相談されてもいいかもしれません。
本当にこんな言い方しか出来なくて、申し訳ありません。



スッキリしないまま話は終わった。
でも、園での息子の様子を知る事が出来ただけでもよかったと思う。
そして、担任ではない先生に相談する事に抵抗のあった私だが
去年の担任の先生に相談する事を勧めて下さったことは
とても感謝すべき事だと思う。
そして、自分には経験がないから、的確なアドバイスが出来ないと
言って下さったこと。
分かりもしないのに、自分の思いだけで話をする先生じゃなくて本当にヨカッタ。
この先生が担任で良かったとおもった。


明日、お迎えに行くので、その時に去年の担任の先生に相談してみようと
その場を後にし、スイミングを覗いてみた。

すると、同じクラスのママから

○○くん、泣いてた?

と言われた。

あれ?まだ泣いてるのかな?
と覗いてみると、泣きじゃくって私を探している。
スイミングは終わっていたので、慌てて更衣室に急ぐとまだ泣いている。

「寂しかったの?さっきママに怒られたから?」といろいろ聞いても首を横に振るだけ。
出掛ける前、激しく泣いてたからだろうと思い、着替えさせ
帰りのスイミングのバスに乗り込んだ。
家に帰り、おやつを食べさせ、早めにお風呂に入れ、ご飯を食べ始めると

もう、ごちそうさまする・・・

え?もう?
最近食べる量が減ってきたとは言え、殆ど食べていないのにビックリしたが、眠いんだろうと思い、それほど気にしなかった。
しばらくすると、ふざけながら「寒い寒い」と言うので
「そんなに寒くないでしょ!」と少し怒った口調で言ってしまった。
言い切った後に、ちょっと気になり熱を計らせた。


38.0度


すぐに熱性痙攣を起してしまう体質なので、またその事が頭を過ぎった。
すぐ横にさせ、アイスノンなどで冷やし、そのまま寝かせる事にした。

一緒に横になりながら、話をしているとスイミングで泣いていたのは
辛かったからだという。
寒くて寒くてどうしようもなかったらしい。
先生に「寒い」「ツライ」と言えればいいのだが、言えなかったんだろう。

「もし、辛かったり、寒かったり、熱かったり、痛かったりしたら、すぐに先生に言うんだよ。言わないとね、わかんないからね。」

と息子に話をした。
もともとどんなに痛くても泣く子ではないので、先生が見てないところで血を流していてビックリした事もある。
これからは、もっと遊びも激しくなると思うので、出来ればすぐに
誰かに訴えて欲しい。

そう思いながら、ダイアップを使うべきか悩む・・・。
そして、またお熱を計ってみた。


38.8度


え~~~~っ!?
もうヤバイよね。
それでも食べたばかりだし、寝始めだから、体温が高めなのかも。
そう思い、何度も何度も計った。
どんなに低くても38.3度。



よし・・入れよう。
午後7時。一回目のダイアップを入れた。
8時間後・・・3時か~

あ~~~ん、スイミングもお風呂にも入れちゃったよ(泣)


夜中に何度もアイスノンなどを換え、目を覚ました時には
水分を与えた。
そして、検温。

37.7度

ん~~~、下がったものの、まだ安心は出来ない。
よりにもよって、明日は息子の楽しみにしていた初延長保育の日なのに。
神様~~~、熱を下げてあげてください!!
そう祈りながら、2回目のダイアップ使用予定時間を迎えた。

37.8度

相変わらずだ。
今までだったら、37度を切らない限り、二度目のダイアップを使用していたが、多少抵抗力はついているだろう・・と彼と相談し
そのまま使用せず様子を見る事にした。

祈る思いで眠りについた。
殆ど眠れず、4時半・・・自分の検温をし、そのまま起きた。
横に寝ている息子の身体はまだ熱い。

きっとまだ熱があるんだろうな。。
普段なら、既に起きて来ている息子だがまだ寝ている。
昨夜うなされていたり、途中何度も起きたから殆ど寝てない筈。
ゆっくりおやすみ。

熱が下がっていることを願いつつ、日記を書いてみた。
スポンサーサイト
2005.07.15 / 育児 /
Secret

TrackBackURL
→http://ichigoichigoichigo.blog12.fc2.com/tb.php/45-8274c25b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。