上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW位から胃の調子がイマイチ良くない。

術後だったり、もしやお腹に?!などという期待もあり、あまり深くは考えていなかったが、あまりに痛みが続くので、再度内科に受診し、胃カメラを飲む事になった。

そして、それが今日だった。

前日は9時までに食事を済ませ、アルコールは控える・・・との注意事項があった。

やっぱりアルコールはダメなのね・・・。

検査は苦にならないが、これがどうも私にはキツイ(笑)
そして、朝からお腹いっぱい食べるタイプなので、朝食抜きもかなりキツイ。

なんとか我慢して、病院へ。。
待っている間、隣の人は数年前に内視鏡検査で癌を発見したと、そのまた隣にいた見知らぬ人に事細かに説明していた。
そして、その隣の人に歳を聞き、ちょうどその頃に癌を発見したと・・・・。
41歳の男性だったが、内視鏡の検査の前にそんな事言われて、いい気はしなかった筈・・・。

そんな話を聞いていると、看護婦さんが名前を呼んだ。


中にはり、まずゼリー状の麻酔を口に含み、4分後に吐き出す。
その後、唾液がどんどん出てくるが全て吐き出す。

本当はこの後、胃の動きを緩める注射を肩にする筈だったが、妊娠を考えている私としては、どうしても気になったので、それをしなかった。

最後にスプレータイプの麻酔を5~6回噴射。

そして、いよいよ胃カメラごっくん!
ベッドに横になり、マウスピースを口にくわえさせられた。
いよいよだ。。

10年以上前に一度やった事はあったが、かなり年月も経ってるし、最近はかなり細くなってるから、それほど違和感はないと聞いていたので、そのつもりでいたら・・・


太いじゃん!!


10年以上前の太さと変わらない気がした。
そう思ってるのも束の間・・


「△×●□&”%$”’#~~~!!!」


口に加えていたマウスピースを吹き飛ばしながら、文字には出来ないような声を発してしまった。

「ちょっと我慢してくださ~い」

「はい!力抜きましょうね~」

と先生と看護婦さんに言われるが、我慢も出来なければ、力を抜き事も出来ない。

「今、狭い所を通ってるからツライと思いますが、もうすぐ抜けますからね」

もう少しだ・・・頑張れ~~

と心の中で呟き、何度も文字に出来ない言葉を発しつつ・・・気持ちの悪さに耐えた。

違和感を感じるものの、少し余裕が出てきた私は、少し上の方にあったモニタを見てみた。

これって、どのヘンかな?
身体の中って、思ったよりもキレイなのね。
それにしても胃の検査なのに、随分下の方に内視鏡がある気がするな・・。

そう思ってると

「はい、もうすぐ終わりますよぉ~」


先生の声と共に、ズルズルと引き上げられていった。

終わった・・・・。
あ~~唾液が止まりません
飲み込まず、全て吐き出しなさいと言われた。
かなりキツイです。

喉がイガイガする気がするので、軽く咳払いしたが、喉を痛めるからしてはいけないんだった。。

麻酔が切れるまでの一時間の我慢。

ん~~~~、それにしてもツライ。



ようやく一時間が過ぎ、ふと気になる。
胃の状態はどうだったんだろう??

私の前の人は、ポリープが無数にあったらしく、そのポリープが良性かどうかを検査するという。。


28日に結果を聞きに行くが、長いなぁ~~~。


6/22 基礎体温 36.60 周期7日目 一時的に下腹部痛
6/23 基礎体温 36.66 周期8日目
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ichigoichigoichigo.blog12.fc2.com/tb.php/24-000f44e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。