上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流産してから半年が経とうとしている。
私の中では既に過去の事になっているつもりだけど、実際はまだ引きずってるのかも。


何度か赤い悪魔が訪れては去っていった。
その度に、

違う道を歩こう。

違う事に目を向けよう。

もっと人生を楽しもう。


そう思うが、心のどこかで完全に傷が癒されていないのか、なかなか踏ん切りがつかずにいる。
いや、傷と言うより、妹の赤ちゃんが産まれた時、自分自身どうなってしまうのか・・・その現実を受け入れる事が出来ないでいるのだろう。


悪魔が訪れる度、私は妹と縁遠くなってしまうのだろうか。




早く謝りたい。
謝って、心の底から妹の出産を喜びたい。



そう思いながら、一日一日が過ぎていく。




大好きな妹なのに・・・

「今何してる?」

などという他愛も無い連絡をする事も出来ない。
そう出来なくしているのは、誰でもない。
私自身なのだ。

一言謝れば済むのに・・・
彼と喧嘩した時のように、意固地になって、謝りたくないと思ってる訳ではない。



きっと、私の中でまだ「赤ちゃん」を諦めきれずにいるからだろう。





妹の出産は9月。
ちょうど妹の誕生月でもある。


それまでに間に合うだろうか。





9月に出産するママ友が急遽入院する事になった。
それを知り、ふと妹の事が頭を過ぎった。

ママ友のように、妹も甥っ子2人とも切迫早産ぎみだったんだった。


そう言えば、8ヶ月位で入院したような気がする。





だったら、こんな風に考えてる時間はない筈。
そう思うものの、その度に不必要な葛藤を繰り返してしまう。




頑固な性格ゆえなのか・・・
近くにいたら、ふと立ち寄り、素直に慶びあえるのかもしれないな。。








こんなお姉ちゃんで、ごめんね。


1人になると、涙が止め処なく溢れてくる。















「妹が出来るといいな♪」



ふとした瞬間にちびくれの口から出た言葉。

ごめんね・・・。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。