上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ヶ月前だろうか、前歯の上の歯茎に小指の先ぐらいの出来物が出来たちびくれ。
いつからあったのか分からないが、かなり痛いらしく、とりあえず小児科に受診した。


これは口腔外科でしょう・・・との事だった。
総合病院だったが、口腔外科などはなく、代わりに耳鼻科で診てもらう事になった。

何かバイキンが入ったんだろうという事で、抗生剤をもらい飲んでいると、痛みはなくなったようだった。
しかし、出来物自体はそのまま残っていた。


「これは切るしかないですね。でも、子供なので動いてしまうといけないから、全身麻酔して切るしかないでしょう。でも、そこまでするべきかどうかというところもあるので、もうしばらく様子をみましょう。」

と言われ、そのままになっていた。
でも、このまま放っておくのもと思い、近くの大学病院などに聞いてみたが、どちらも口腔外科がないので耳鼻科か形成外科でしか見れないとの事だった。

どこかで診てもらいたい・・・と思いつつも、痛みを訴えないのでそのままになっていた。



昨日ちょうど何も予定がなかったので、フッ素と定期健診をしてもらいに行き、一応話をして紹介状でも書いてもらおう・・・と思い受診した。
いつもは男の先生だったが、昨日は女医さんだった。


「気になる事はありませんか?」

と言われ、歯ではないんですが・・・とこの出来物を見せると

「ぶつけた事はありませんか?」

ぶつけたと言えば・・・・と数年前の時の事を思い出した。

2歳頃だっただろうか。
1歳半で歩けるようになったちびくれは、まだよく転んでいた時期だった。
ちょうどその頃、デパートの屋上で走っていると、また転んでしまった。
その時、前歯のあたりを鉄パイプに強打し、口中血だらけになった事がある。

すぐに小児科に受診したが、特に何をするという訳でもなく、そのままだった。
その後も歯医者さんでその旨伝え、診てもらったが、レントゲンを撮るまでは必要ないでしょう・・・とのことで、この事自体すっかり忘れていた。


女医さん曰く


隣の歯と比べて、色が黒くなっているから、その時に神経はやられたんでしょうね。
そこから、少しずつ膿が溜まりだし、溜まった膿は行き場がなくて、柔らかい歯茎から飛び出したんでしょう。
こういう事は大人でもあるんですよ。


とのことだった。
歯の裏に穴を開け、膿を出した方がいいというが、この話を聞いていたちびくれは治療を拒否。
無理にやっても良くないのですからね。。
でも、このまま放っておくのも良くないので、様子を見て次回にでも膿を出しましょうか?



と言われたが、神経がないから、痛みがないというので、改めて恐怖に怯えながらまた来るより、今日やってもらった方がいい。
そう思い、先生にお願いすると


「お母さんは待合室で待ってて頂いた方がいいでしょう」


私が近くにいると甘えも出るので、その場から離れる事になった。
待合室で待っていると、さすが!と思わせるように、手馴れた口調でちびくれを煽てながら治療を進めていった。

どうやってバイキンを取るのか。
そして、バイキンを取る時に使う器具について。
その際に使う掃除機のようなもの。
子供が一番恐い音。
他にも丁寧に説明し、絶対に動かないという約束をしていた。


口を真一文字に閉じ、挙句にはうつぶせになって抵抗していたちびくれだったが、素直に口を開けてたようだった。
バイキンと言われる膿も見せてもらったらしい。

一通り治療が終わり、治療台の方に呼ばれ、膿を見せてもらったが
こんなにいっぱい詰まっていたのか・・・・とちょっとビックリした。
何年もかけて膿が溜まり、突出したなんて。。
あのまま耳鼻科で切り取らなくてヨカッタ・・・と思った。


この日は、綿を詰めただけで蓋はしないで終わった。
蓋をすると、また膿の出口がなくなるので、このままにした方がいいという。
取れたら大丈夫なんだろうか?
食べ物が詰まった場合は?
などと心配性の私は質問をしたが、意外と詰めた綿は取れないらしい。
そして、多少食べ物が詰まっても気にしなくてもいいと。


フッ素の筈が、意外にも突出物の原因が分かり、ホッとした。





こんな事ってあるのね~~~と勉強になった。
2~3回かけて取るらしいので、また行かなきゃ!
スポンサーサイト
2006.03.10 / 育児日記 / 育児 / 育児 /
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。