上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お箸の持ち方や、鉛筆の持ち方がちゃんとしてないと
どんなに素敵な人でもちょっとイメージダウン。
もちろん、食べ方や書かれた文字が汚いと更に。。

まずは持ち方からだろう。
自慢じゃないが、私は正確なお箸の持ち方をしていると思う。
しかし、どうひいき目に見ても正確とは言い難い彼の持ち方。


自分がちゃんと出来るから、それを見ているちびくれも教えていれば、正確にもてるようになるだろう・・・そう思っていたが、そうはいかなかった。
ありとあらゆる躾箸を試すも全部ダメ。

すぐに飽きてしまうのだ。
結局落ち着いてしまった持ち方は、教えもしないのに彼の持ち方ソックリ。

なぜか人差し指が余っている。
上になる方のお箸の上に、普通乗っかっているのは人差し指の筈。
なのに、ちびくれも彼も中指がのっかっている。
常にあまっている人差し指は、時には立ってたりする。

お箸がこうだから、鉛筆まで指二本が前に来ている感じの持ち方なのだ。
筆を持つ時の持ち方というのだろうか。


半分諦めてはいたが、先日お誕生日の時に行ったキリンさんのお店で見かけたこのお箸。






エジソンの何とか・・・・っていうお箸なのだが、ダメもとで再度試してみようと購入。
彼もこれで治るなら・・・と自分でも使うつもりでいた。
しかし、指が太くて入らず。。。

ま、彼はいい。
ちびくれが治ってくれれば。

もともと「赤ちゃんのもの」的な事に拒否反応を起すタイプなので、どうやってこれを使わせようか迷ったが、毎日ニコニコしながら使ってくれている。


私がその場しのぎで言った言葉が、効いたようだった。
自分でも忘れていたのだが


「これ使ってると閻魔さまに怒られないんだよ」


と言ったらしい。
やっと恐いという感覚を覚え始めた頃、ちょうど「にほんごであそぼ」という幼児番組が始まった。
その中で、歌にあわせ、閻魔さまが「ガーーーーーッ!!!」と眉毛も目も引き攣り、口を大きく開け、怒る場面があった。

それがあまりにも恐かったようで、今でも閻魔さまが恐くてならないちびくれ。
悪い事をすると閻魔さまが夜やってきて、怒られる。
毎日のようにやってくる閻魔さま。

我が家では、夜9時は閻魔さまの時間なのだ。


昨日は、しょこらがトイレシーツをバラバラに食いちぎったのを見て

「閻魔さまに怒られるね♪」

と嬉しそうだった。
自分が怒られるのは嫌だけど、しょこらが怒られる事に関してはなぜか嬉しいらしい。

今朝も起きて来るなり

「昨日、しょこら、閻魔さまに怒られたんだよね♪」

と言ってる始末。


話は反れてしまったが、こんな訳で閻魔さまに怒られなくて済む画期的なお箸は、喜んで使ってくれている。
これで治るのだろうか?!




実は・・・・写真では分かり難いかもしれないけど、食器洗い機に入れてしまい、ちょっと歪んでしまった。
お箸の先がちょっとずれてしまっているのだが、大丈夫だろうか?
今度は交差させて物を掴むようにならないだろうか??(不安)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。