上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いもうとは、どこからくるの?」


そう息子が口にしたのは、今年の一月。

年齢的な事も考えて一度は諦めた赤ちゃんだけど、もう一度頑張ってみよう!

そう思った日でもあった。

2年前の流産以来、休む事なく続く通院生活。
そんな私は、まずは気になるところを全て治すところから始まった。

来年の3月までに何としてでも産みたい私は、痛みに耐えながら、先の見えない毎日に焦りを感じていた。

1月から始まったいろんな検査・検査入院・手術・薬の副作用など、いろいろあったが、5月になると少し落ち着き、先生からも「妊娠」してよいとのOKが出た。

しかし・・・それは6月中旬。

それまでに、今の状態・妊娠可能かどうかなどの相談をしたくて、5/20(金)婦人科に足を運んだ。

内診・血液検査・念の為、癌検査もした。


すぐにでも妊娠したい・・・という伝えると

「では、排卵誘発剤で、妊娠しやすくしましょう。
注射し、直接排卵を起こすタイプではないので安心です。
それと同時に漢方薬も飲みましょうか。」

という事で、もう少し先だと思っていた妊娠がいきなり目の前にやってきた。

「体調があまりよくないのは、ホルモンバランスが崩れているせいかもしれませんね。もしかしたら、排卵していないのかもしれません。」

(え!?無排卵って事は、そこから治療しなきゃいけないんだよね??ってことは、時間のない私には無理なんじゃないの??)

不安・喜び・期待が頭の中をぐるぐるした。
でも、気にしててもしょうがない!

早速、5/21から基礎体温も付け始めた。

35~54日位の周期の私なのに、11日目に高温になったと思ったら、12日目には低温に。。
お腹も心なしか痛むような・・・これって排卵??
でも、ちょっと早いよね??

今までに排卵痛の無かった私は、はっきり分からなかった。
次の日にはまた高温に。
そして、次の日も・・・また次の日も・・・またまた次の日も。

そして、今日そのまま高温のまま。


このまま行くと、不妊期に入ってしまうんじゃないのかな??
明日受診するけど....もう遅いって事ないよね??


不安のあまり、気持ちのやり場に困った私は、いちごにっきを始めてみた。

赤ちゃんを産む日まで続けられますように♪
スポンサーサイト
2005.05.30 / 赤ちゃん /
Secret

TrackBackURL
→http://ichigoichigoichigo.blog12.fc2.com/tb.php/1-0426d09c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。