上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



白菜・キャベツのグラタンになりきれなかったシチュー
春雨とレタスと生ハムの中華和え
昨日の大根とホタテのあわ煮込み
葛餅



この日は案の定遅くなってしまった。
診察が終わったのが、5時半過ぎ。
全て終えて駐車場を出た時には、6時前だった。

車に乗り、あーだこーだとちびくれと話しながら
晩ごはんのメニューを考える。
しかし・・・何も思いつかず。。

そんな中、大騒ぎしながら作ったのがこれだった。。。
グラタンになる筈が・・・でも、ちびくれは大喜びだったので良しと使用!




その遅くなった理由。。。
相変わらずとても丁寧に診てくださる先生に
先日の検査結果の異常に対する不安の事を話してみた。

すると、「分かりました。不安に対する消去法でいきましょう!」
とより精密な検査をすることになった。

そして

「出来る限り、あなたが抱えている不安を全て取り除きましょう!」

とおっしゃるので、ちびくれの事も話してみた。
先日も話はしているが、倒れた際の検査結果や受診内容、更にセカンドオピニオンでの事、どれも問題ないとは言われるが、原因が分からず、この先の事が不安だと。。。

すると、「うちに痙攣やてんかんなどに詳しいMという者がいるから、一度看てもらうといいよ。」

とおっしゃったが、その先生は金曜日の午後しか診察をしていないと聞いた事があり、初診ではどうしても午前になってしまう旨、話をするとすぐさまそのM先生に連絡をし、私の診察後受診していただけるよう手配してくださった。

既に時間は4時を回っていて、受付も終わっている。
もちろん、初診の受付などやってる筈もない。
しかも、午後は予約以外急患でない限り受け付けていない。
なのに、この後話を聞いて下さるという。




さすが病院長!




今日診て欲しいという気持ちはなかったし、病院長だから話した訳ではなかったが、さすが・・・・と思ってしまった。
初診の受付をし、小児科での受付、更に受診。




病院長から、私の不安も一緒に拭ってあげて欲しいと言われていたらしく、本当に本当に丁寧に問診してくださった。

今まで聞き逃してしまっていた事、今私が認識している痙攣その他の処置方法の確認、他に可能性のあること、その他いろんな話をさせて頂いた。
今までいろんな小児科の先生に話を伺ってきたが、やはり神経内科専門の先生ならでは、そして、今までに何人もの人を診てきたという経験からだろう、的確な解答を頂けたように思った。

やはり、同じ医師でも専門外であれば、一般的な常識だけで、専門分野以外は細かい事は分からないのかもしれない・・・そう思った。



いろんな意味で、私が気になっていた幾つかの不安を取り除いてくださった。

「この先、決して起こらないという事は残念ながら言えませんが、決してタチの悪い痙攣ではない事は確かです!
そして、普通ではないんだとは思わないで下さい!
お母さんが、今普通に暮らしていらっしゃるように、お子さんも普通の大人になります。
お母さんがそう思っていると、お子さんが必要以上に『自分に何か問題があるんじゃないか?』と不安がりますから。
何でもさせてあげてください。
本当に、普通にちゃんと成長されていますから、大丈夫ですよ!
何かあったら、何でも私に言ってください。」




とても元気をもらい、病院を後にした時には、ちびくれと手を繋ぎ
2人でハシャギながら駐車場まで向かった。




とりあえず、先日の脳波とCTを確認し、更にその病院でも脳波をとる事になった。そして、稀に不整脈が原因の場合があるとかで、心電図もとることになった。


来週また病院。
そして、私は再来週。


去年同様、病院続きだけど、今年は明るい光に向かって歩いているような気がする。
スポンサーサイト
2007.01.24 / 男の子育児 / 育児 / 育児 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。